D坂の殺人事件


D坂の殺人事件


江戸川乱歩


それは九月初旬のある蒸し暑い晩のことであった。私は、D坂の大通りの中程にある、
白梅軒はくばいけん
という、行きつけのカフェで、冷しコーヒーを
啜すす
っていた。当時私は、学校を出たばかりで、まだこれという職業もなく、下宿屋にゴロゴロして本でも読んでいるか、それに飽ると、当てどもなく散歩に出て、あまり費用のかからぬカフェ廻りをやる位が、毎日の日課だった。

アメーバオウンドで作るウェブサイト

テストサイト的な感じで作ってみました。

0コメント

  • 1000 / 1000