経世の学、また講究すべし

経世の学、また講究すべし


福沢諭吉





ある人いわく、慶応義塾の学則を一見し、その学風を伝聞しても、初学の
輩はい
はもっぱら物理学を教うるとのこと、我が輩のもっとも賛誉するところなれども、学生の年ようやく長じて、その上級に達する者へは、哲学・法学の大意、または政治・経済の書をも研究せしむるという。
そもそも義塾の生徒、その年長ずるというも、二十歳前後にして、二十五歳以上の者は稀なるべし。概してこれを
弱冠じゃっかん
の年齢といわざるをえず。たとい
天稟てんぴん
の才あるも、社会人事の経験に乏しきは、むろんにして、いわば無勘弁の少年と評するも不当に非ざるべし。この少年をして政治・経済の書を読ましむるは危険に非ずや。政治・経済、もとよりその学を非なりというに非ざれども、これを読みて世の安寧を助くると、これを妨ぐるとは、その人に存するのみ。

アメーバオウンドで作るウェブサイト

テストサイト的な感じで作ってみました。

0コメント

  • 1000 / 1000